ホワイトニングにおけるフッ素の働きとは

ホワイトニングにおけるフッ素の働きとは

歯を健康的に保つものとして、キシリトールと並んで知られているものが「フッ素」ですが、実際にどのような効果があるのかということはあまり知られていません。虫歯の原因となるプラークの発生を抑えるだけでなく、歯を丈夫にするという一石二鳥の効果を持っているのです。
歯磨きや食事などをおこなうと、柔らかい歯からカルシウムやリンが溶け出します。それを脱灰と呼ぶのですが、これらが元の固い歯に戻ることを再石灰化と言います。フッ素には、この脱灰を抑え、再石灰化を促す効果があります。
この力は、歯のホワイトニングにおいても発揮されます。ホワイトニングには、過酸化尿素や過酸化水素といった成分を使用します。その成分で、歯の隙間に入り込んだ汚れの元を漂白するものです。しかし、ホワイトニングに使用するこれらの成分は、下手をすれば歯を傷めかねず、医師の診断の下でしか受けることができない物があるほど強力です。つまり、歯がそれだけダメージを受けやすいということになります。
フッ素をホワイトニング後に使用すると、その弱った歯が強くなるためのサポートの役割を担い、歯をコーティングして、再び汚れが付くのを防いでくれるという、非常に助かる存在です。歯を健康的に保つものとして、キシリトールと並んで知られているものが「フッ素」ですが、実際にどのような効果があるのかということはあまり知られていません。虫歯の原因となるプラークの発生を抑えるだけでなく、歯を丈夫にするという一石二鳥の効果を持っているのです。
歯磨きや食事などをおこなうと、柔らかい歯からカルシウムやリンが溶け出します。それを脱灰と呼ぶのですが、これらが元の固い歯に戻ることを再石灰化と言います。フッ素には、この脱灰を抑え、再石灰化を促す効果があります。
この力は、歯のホワイトニングにおいても発揮されます。ホワイトニングには、過酸化尿素や過酸化水素といった成分を使用します。その成分で、歯の隙間に入り込んだ汚れの元を漂白するものです。しかし、ホワイトニングに使用するこれらの成分は、下手をすれば歯を傷めかねず、医師の診断の下でしか受けることができない物があるほど強力です。つまり、歯がそれだけダメージを受けやすいということになります。
フッ素をホワイトニング後に使用すると、その弱った歯が強くなるためのサポートの役割を担い、歯をコーティングして、再び汚れが付くのを防いでくれるという、非常に助かる存在です。